カメラマン道

きしょポン。JUIDAの認定講師です。主に動画撮影機材、静止画撮影機材のレビューなど

ガンマイクさん-MKH416編-

おはようございます!

 

最近、暖かいと思ったら、急に寒くなってきたりと天気の移ろいが激しいですね〜〜

 

さて、今日はショットガンマイクについて語ります。

マイクにはいくつかの種類がありますが、音声収録ときいた時に思いつく機材といえば、、、そう、ショットガンマイクになります。

狙った音を収録できそうな形状をしてますもんね!

f:id:kishohayami:20180312061108p:image

多分、半分正解で半分は不正解です。

なぜなら、ショットガンマイクを利用する時には、正確なマイク振りが要求されるからです。

ショットガンマイクを含めて、マイクには適切な距離が必要になります。そのマイク距離がオンマイクかオフマイクに繋がります。オフとはマイクから離れて音を収録している場合が多いのです。分かりやすくいいますと、iPhoneで電話をかけるときに、電話を離して電話をかける人はいませんよね?きちんとマイクがあるところに顔を近づけて会話しますね。そう、それがオンマイクの状態となります。

 

また、ショットガンマイクを利用するさいにはピストルホルダーやブームが必要になります。マイクは直接触って収録するとタッチノイズが気になりますよね。そのタッチノイズを緩和する為に使用するのが、ピストルグリップとかショックマウントと呼ばれる道具です。

f:id:kishohayami:20180312062300p:image

このピストルグリップにブームを取り付けるとよくみかける、音声マンのスタイルになります。

ただ、少人数で撮影する場合はなかなかブームを振りながら、カメラを撮影するのは至難なので、スタンドなどに仮固定して撮影する事が多いです。その場合もショックマウントを介してスタンドにマウントする場合がおおいです。

 

ショットガンマイクで有名なブランドといえば、ゼンハイザーのMKH416になります。これは、音声マンが必ず利用するマイクですが、現在発売しているマイクではSN比がもっと良いマイクも数多く出ています。ただ、信頼性や耐久性を含めると、やはり416には敵わない気がします。もし、416以外でオススメは?と聞かれたら、RODEのNTG-3をオススメしたいです。

価格も高すぎず、プロの現場に相応しい音質を収録することが出来るからです。

 

ガンマイクを屋外で利用するときに、大事な備品といえば、ソフタイです。ソフタイはRODEがオススメです!

f:id:kishohayami:20180312063324p:image

これは、ガンマイクに装置することによって、風がマイクに直接当たることを緩和します。風は音の収録現場では大敵です。ソフタイもしくはウィンドシールドはショットガンマイクを購入する場合は必ずセットで購入することをオススメしたいです。

 

今日はこれから、名古屋に出張します。

音声マンおよびカメラマンとして、お仕事してきます!

 

今日もいい日だといいなぁ