カメラマン道

きしょポン。JUIDAの認定講師です。主に動画撮影機材、静止画撮影機材のレビューなど

最強ビデオ三脚降臨!

どもーきしょうです。

 

新しい職場にお世話になり始めて、はやくも3ヶ月が経過しました。結論から申し上げると、、、転職して良かった!!の一言に尽きます。自分はカメラマンになりたくて動画業界に飛び込みましたが、前職の技術部では来る日も来る日も、与えられたコンテを前にして、ルーチンとして撮影したり、集音したりしていました。そう、そこにはクリエイティブな要素は皆無に近くあったのは、トイレ掃除から始まるルーチンの日々、、、流石に自分の目指す分野では無いのかもと自問自答をしだした頃に、今の代表と出会い、そして転職しました。

 

ここは、以前と比べるとやることは格段に増えましたが、何かを作ってるという気になります。

今は、企画からはいり、制作が行う、コンテ制作、リサーチなどを行いながら、撮影、照明、音声、そして編集までおこないます。

 

んー楽しいですね!やっぱり動画は一分野ではなく、全てのフローを前提とするからこそ、やり甲斐を感じるんだと思います。

この点は大手企業より断然面白いです。

 

さて、話が脱線しましたが、今回は最強ビデオ三脚を紹介しちゃいます!

先日、会社で導入したのがこちら!

f:id:kishohayami:20180612092456p:image

そう、ザハトラーの最新三脚flowtech75です!海外では先行発売されており、めちゃくちゃ評判が良く、私個人も私用で購入を検討していただけに、会社で導入された時には嬉しさのあまりにやけてしまいました。

 

さて、前置きはそれくらいにして、仕様をご説明します。

まず、本体は4.8kgになります。ヘッドはACE Lになります《海外ではACE XLが標準です》高さは41-169cmという事で、かなり高くまで伸びる印象ですね、ボールは75mm径なのでここも一般的と言えます。ザハトラーのヘッドといえば、FSBシリーズですが、最初に付属しているヘッドもザハトラー品質なので、非常に使用しやすい印象です。

 

f:id:kishohayami:20180612155952j:image

また、使い易いのがこのレバー

f:id:kishohayami:20180612162750j:image

 

f:id:kishohayami:20180612162855j:image

伸ばすとこんなに高くなります!

しかも、一箇所だけリリースを外すだけというお手軽さ

 

f:id:kishohayami:20180612163001j:image

マンフロットのプレートと実をいうと同じ幅になります。

f:id:kishohayami:20180612164223j:image

なんと、ピッタリ!もちろん落ちたりしませんよ!

 

専用のケースもしっかりしてるし、なんだかんだ良くできてるという印象を持っちゃいます。

 

こんだけしっかりしてると、個人的にも欲しい!

 

久しぶりの機材インプレッションでしたー